健康を維持したい、より健康でいたい、より美しくなりたいなどと思う方に・・・
私達は必要と考えます。

サプリメントはプラセボ効果だ・・、と言う人がいますが、その人はサプリメントの飲み方、選び方を知らない人です。
残念ながら多くの人が飲み方を知りません。
そのためサプリメントの業界関係者、ドラッグストアーのバイヤーさんでも、自分で販売しておきながらサプリメントの効果はプラセボ効果だと言う方もいます。

サプリメントは医薬品ではありませんので、その効果や、摂取タイミングがパッケージに記載できません。
そのため消費者の方は多くの雑誌やネットで情報を収集して選択しているかと思われます。

サプリメントは本当に効かないのでしょうか?
サプリメントが効かないと言う方は、昔から伝わる食事療法だけでなく、「食品」そのものを否定することになります。
食事には、たくさんの栄養、ファイトケミカル(ポリフェノールなど)が含まれており、毎日の私達の身体を作り、支えています。
自分の現在の身体は、昨日までの食事が材料となって出来てきているのです。
食事のバランスが崩れると私たちの身体のバランスも崩れます。
多くのサプリメントは食品の成分を濃縮させたものです。この食品の成分を飲んでも意味がないと言われるのは、食事をしても意味がないと言うのと同じです。

では、食事をきちんとしているだけでは足りないのでしょうか?
日常をなんとなく過ごすだけでしたらサプリメントは必要ありません。
風邪引いても気にしない、冷え性でも気にしない、などなど、ある程度の体調の変化、身体のSOSサインを気にしない方は必要ありません。
アメリカはでは保険が高額で、病院に通院することが金銭的に怖いということから、自己防衛のためにサプリメントの人気が高まり、知識も高まりました。
日本でも、サプリメントの人気が高まっている理由の1つは、皆様自身の体調が気になっているからではないでしょうか。

昔と比べて食品に含まれるビタミン等の栄養価が下がっていること、加えて加工食品には砂糖が多く、脂質の高い食材が多くなったこと、昔と比べてストレスが多くなっていること(日常の仕事、生活環境、大気汚染などの外的環境、加工食品の増加、土いじりが少なくなっていること)、街灯や深夜まで営業するお店のお陰で便利な反面、生活時間が不規則になっていること、などから通常の食事だけで健康を調整することが困難になってきております。

例えばメタボリックシンドロームを含め、昔と比べて様々な不調が増えていることも事実です。
ダイエット、メタボ、肌荒れなど・・・、不規則な食事、栄養不足等が原因でなった身体の不調や疾患は、食事、栄養でないと治せません。
そこで、やはりサプリメントを上手く利用することが推奨されます。
サプリメントは食事の補助ですから、どのように補ったら良いのかを考えると自分の身体にあったものが摂取できるようになります。

また、摂取タイミングも大事です。
山登りで疲れた時にチョコレートを食べて疲れを取るように、また、汗をかいた後に塩分補給をするように、同じものでも、タイミングによって身体に与える影響は真逆になります。
では、例えばアミノ酸が豊富な黒酢はいつ摂取しますか?
身体を作るために摂取するのであれば夜に、アミノ酸をエネルギーとして補給したいのであれば活動前に、毎日の栄養補助として考えるのであれば食事と一緒に摂取するのが良いです。

毎日の食事+サプリメントで、上手に自分の大切な身体とお付き合いください。