HOME > ザトーン株式会社とSDGsの取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2016年から2030年までに達成すべき世界共通の目標であり、人間、地球及び繁栄のための行動計画として 17の目標と169のターゲットからなります。

2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され、宣言および目標をかかげました。この目標が、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継の「SDGs(持続可能な開発目標)」であり、日本でも積極的に取組みがされています。

SDGsの詳しい情報は 外務省Webサイト でご確認いただけます。

ザトーン株式会社は「かながわSDGsパートナー」に登録されました

詳しくはこちらのボタンをクリック

ザトーン株式会社とSDGsの取り組み

ザトーン株式会社はSDGsの取り組みとして、小ロットOEM供給を中心に起業ハードルを下げての経済活性化、こだわりのオリジナル商品開発サポートにより働きがいを支援します。
これは自宅(地元)でも起業ができ地域の経済活性化にもつながり、また主婦でも起業できることからジェンダー平等の実現へもつながります。
また、経済、社会、環境に配慮した専用ロゴマーク「ヴィーガンZ」とともにSDGsの認知向上、活性化に取り組みます。 お客様とともに未来を考え、楽しく、SDGsの輪、認知を広げていきたいという想いで、サプリメント開発のブランド「ヴィーガンZ」を立ち上げました。
Vegan-Zロゴ(PNG)
専用ロゴマーク
ヴィーガンZについて詳しく知る

経済

起業のハードルを低くし働きがいを支援。
廃棄物の削減、持続可能な食材の利用。
WEBによって自宅、地元でも在宅ワークで起業できるサプリメントの販売を、小ロットでオリジナル商品の開発提供することで男女問わず起業のハードルを低くし働きがいを支援します。小さなサロンや美容室などでも商品開発の機会をつくり事業者の利益向上に貢献することで経済成長をしていきます。
また、日本人が大切にしてきた「もったいない」精神や、フェアトレードに代表される「エシカル消費(倫理的消費)」を大切にします。食品ロスを意識し加工食品の残渣などを利用した食材利用、持続可能な漁業や養殖による食材を調達し配合をしたサプリメントの提案を行います。

社会

飢餓を無くすことから見た食材選択。
男女問わずシングルマザーでも子育てしながら経済的自立を。
例えば、牛由来のプロテインを植物由来への切り替え提案と知識を伝えることで、牛食材の利用を減らす事ができます。それは大量消費されてる家畜飼料の穀物利用を、人の穀物利用に変換できる事が考えられます。食材選択は、貧困を少なくする考えができます。
また、弊社より販売者へ知識サポートをすることで、栄養と健康の大切さを販売者とともに広めることができます。
小ロットのサプリメント開発は男女問わず起業のハードルを低くしているため、シングルマザーでも子育てしながら自宅で起業することができ経済的自立を支援します。

環境

海の環境とCO2削減から考えた食材選択

魚介類乱獲による食材を利用せず海の環境を考慮し、また牛由来食材の利用を減らすことで放牧地による森林伐採の削減や、牛利用減少によるCO2削減など環境に配慮したサプリメント設計を証明するヴィーガンZを広めることで、食材選択と環境の関係について消費者知識と意識を向上させるパートナー(サプリメント販売者)を増やす活動をしていきます。