「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リスト」 (令和2年3月31日一部改正)に、注目成分であるNMN(β-ニコチンアミドモノヌクレオチド)が加わりました。

このリストがいわゆる食薬区分と言われるものです。このリストに加わるということは、食品原料として使用できるということです。NMN(β-ニコチンアミドモノヌクレオチド)は中国で人気のとても高額な成分です。

ここからは法規から脱線しますが、弊社でもすでにNMN(β-ニコチンアミドモノヌクレオチド)の商品開発に関わっており、NMN(β-ニコチンアミドモノヌクレオチド)の原料(粉末)に触れております。

この原料は非常に軽い原料でフワフワしています。そのため高含有にする場合、容量が固定されたハードカプセルにその希望量が入るか?が製造上のポイントになります。